[サイトメニューへ↓]

アヒルの子
イントロダクション


あいまいな[生きづらさ]と対峙し 現代日本の[家族]の在り方を問い直す
迫真のドキュメンタリーがついに公開!

【家族]って何だろう? [私]って何だろう?
地域共同体が崩壊し、核家族化が進む現代日本で、揺れ動いている[私]と[家族]の関係。世界中のさまざまな事件の情報が日々溢れていても、[私]と[家族]の関係は多くの人にとって最も身近な問題ではないでしょうか。秋葉原通り魔事件、川口在住・中学生女生徒の父親刺殺事件・・・日本で起こっている数々の事件の背景には家族の問題が潜んでいます。
カメラの前に自らをさらけ出した監督・小野さやかが撒き散らす自己嫌悪の衝動は、親子の価値観の違い、姉妹間の愛憎、性的虐待・・・様々な[家族]の問題をえぐり出します。あいまいであるけれども強烈なその衝動は、観る者それぞれの家族観を大きく揺さぶることでしょう。
本作は決して、彼女とその家族だけの物語ではありません。現代を生きる[あなた]とその[家族]の物語でもあるのです。

2005 HOTDOCS国際ドキュメンタリー映画祭(カナダ) 正式出品
2005 シャドードキュメンタリー映画祭(オランダ)正式出品

[サイトメニューへ↑]